児童養護施設の子ども達の夢をかなえたい

こちらの方々にも支援して頂いております!

カナエールを応援している著名な方々

  • 黒岩 禅黒岩 禅
  • 松尾 知枝松尾 知枝
  • 和田 裕美和田 裕美
  • 野口 健野口 健
  • 鶴岡 秀子鶴岡 秀子

>もっとみる

生まれた環境に縛られる、子ども達の夢

児童養護施設では、親を頼れない子ども達が全国で3万人生活しています。彼、彼女達は、18歳で高校を卒業すると同時に、自力で生きていかねばなりません。あまり知られていませんが、そこに公的な支援は殆ど望めないのです。当然のように就業を選択する子が多く、学費、住居費、生活費、すべてを工面しなければならない進学は、茨の道です。必死に貯金をし、たとえ進学できたとしても、厳しい現実を前に、卒業を果たせず終わってしまう事も少なくありません。
その現状は、上位校(専門学校、大学等)への進学率と中退率に表れています。

その背景に、増え続ける親を頼れない子どもの存在

児童養護施設では、虐待、貧困、親の疾患などを理由に2~18歳の子ども達が生活しています。
虐待の相談件数は過去最高の6万件。
児童相談所で保護された後、多くの子どもは児童養護施設に措置され、
首都圏の施設は常に満員状態です。

18歳でぶち当たる現実

彼らに共通するのは、決して自ら望んでそこに居る訳ではない、ということ。
多くの子どもが、心の傷を癒す間もなく、
18歳というタイムリミットまでに自分の行く道を決めなければなりません。

悩んだ末、進学を諦めた松本君

松本義之(仮名)さん

松本義之(仮名)さん

僕は、小5のときに施設に入りました。父の暴力が原因です。ある日突然、母が家を出て行きました。残された僕は、ごはんも食べれない日もありました。担任のS先生が気づいてくれて、施設に入ることができました。施設では、規則正しい生活がはじまり、遅れていた勉強は、施設の職員さんやボランティアさんのお陰で、なんとか追いつくことができました。…

詳細を読む>

施設からはじめての進学者、逆境にめげず、夢をかなえたハルカ

ハルカは岩手県の児童養護施設で2歳の頃から育ちました。彼女は、施設を出たらひとりで生きていかねばなりませんでした。
看護師を夢見る彼女を支えたのは、周りにいた、30人の大人達。
生活費や看護学校の学費の一部となるお金を、卒業するまでの3年間、送り続けてくれました。毎月届く『ハルカのための奨学金』に励まされ続けた日々。その施設から進学を果たしたのは、ハルカがはじめて。彼女はいま、看護師として輝かしい毎日を送っています。そして「今度は私が後輩を応援したい」と言います。その思いは、形になりつつあります。
ハルカの背中を見た子ども達が、次々と進学を目指すようになり、看護師を目指す子まで現れたのです。

カナエールは、ハルカのストーリをもとに生まれました。ハルカが受けた応援を、次の世代にもつなげていきたい。“応援をつなぐ”しくみを通し、このバトンを渡し続けていきます。

カナエールとはMONEY×MOTIVATION目指すは、顔の見える支援

これまで難しいとされてきた、児童養護施設の子どもへの支援を、いままでにないしくみで実現します。施設から進学を目指す子ども達を、卒業まで、資金と意欲の両面から応援。多くの応援者とのつながりから、ひとりじゃないこと、夢をかなえる仲間の存在を感じてもらえるような、双方の思いが伝わるプログラムです。

資金のサポート

奨学生は、進学への思いや夢をスピーチします。コンテストへの出場が、奨学金給付の条件です。
「頑張る姿」に応援者は集まるもの。奨学生は本番に向けて、120日間、ボランティアとチームになり、原稿作成や映像制作、話し方のトレーニングなどを体験。自分を見つめ直し、夢への思いを強くしていきます。大勢の前でのスピーチという、大きなチャレンジを乗り越えて、自己肯定感、進学と夢への意欲を高めます。
コンテスト終了後も、卒業まで、応援者と会う機会を年に数回設け、励まし合える関係を築いています。

奨学生の声

私一人では夢をかなえることはできませんでした

あっきー大学4年生

奨学生
あっきー 大学4年生

夢や目標を見失いそうになっている最中、カナエールと出会いました。サポーターの方々の支えのおかげで、自分の夢と向き合い、目標を再確認することができたのです。毎月の奨学金が大きな支えとなっています。これまで夜通しで行っていたアルバイトですが、定時に帰宅することができるようになりました。
以前よりたいへん多くの睡眠時間を確保できるようになり、心にゆとりができ、今では規則正しい生活を送ることができています。心身共に健康でいられることが、何よりも大切であり、幸福なことだということを身をもって学ぶことができました。私一人では夢と向き合うことはできませんでした。
これからも小学校教師という夢の実現に向けて、全力でつき進んでいきます。

後輩たちのお手本になりたい

ゆう専門3年生

奨学生
ゆう 専門3年生

私はいま看護師を目指して専門学校で勉強しています。
高校時の進路で専門学校に行くことは諦めていましたがカナエールの活動を知り参加させていただきました。
継続的な資金援助をはじめ、温かい応援のおかげで今私は夢にむかって歩むことができています。本当に感謝しています。
施設育ちの子ども達は、親がいる子ども達と同じように様々な夢を抱いていますが、金銭的なことから夢に向かうことが出来ない子ども達が大勢いるのが現状です。
これからもカナエールを通して、1人でも多くの子どもが夢のスタートラインに立つことができるよう願っています。
夢を抱いている後輩達のお手本になれるようになるため、そして自分の夢を叶えるためにこれからも精一杯、頑張りたいと思います。

運営しているのは、児童養護施設の子ども、退所した若者の自立支援を行う認定NPOです。
8年間でのべ1500人に自立支援プログラムを提供してきました。
数多くの子どもに接する中、進学したくてもできない子どもや、進学しても中退を余儀なくされる若者の現実に直面し、2010年に「カナエール」を立ち上げました。

http://www.b4s.jp/
※ご寄付は、税額控除の対象になります。

会員数 正会員数30名 賛助会員数個人99名 カナエールサポーター131名(2013年5月1日現在)
ボランティア人数 約200名(2013年4月1日現在)
協賛・協力企業数 61社
パートナー一覧はこちら

>>さらに詳しく

  • NHK
  • 読売新聞
  • 読売新聞
  • 日本経済新聞
  • 朝日新聞社

毎年450口の寄付で10名を支えることができます。

一般寄付
奨学金継続サポーター

クレジットカード決済
銀行振込/郵便振替(継続一括のみ受付/1回24,000円~)

 

会計報告 http://www.b4s.jp/b4s/finance

クレジット

奨学生プログラムに参加している支援者の声

懸命な姿に、エネルギーをもらっています

渡辺稲子様

渡辺稲子様

夢を語る事は、自分をみつめることなのかもしれません。子ども達のスピーチは、遠い昔に忘れたそんな感情を思い出させてくれます。
継続寄付者になると、年に数回子ども達に会う事ができます。
夢への道がうまくいっていても、壁にぶつかっていても、子ども達は懸命に歩いていて、そんな子ども達とのひと時から、私はエネルギーをもらっています。

自分にもできることがあった

鵜川洋明様

鵜川洋明様

偶然に近い形で参加したカナエール。関わって初めて、児童養護施設の子ども達を取り巻く環境のあまりの未整備さ、その事が若者から夢を見ることを奪っている現実、その問題の根深さを知りました。
また同時に自分にも出来ることがあるということに気がつきました。私にそれを気づかせてくれたカナエールをこれからも応援していきます!

「どうせ自分なんて…。」施設の子ども達は、自分の生い立ちを隠し、不安、寂しさ、悔しさなど、複雑な感情を抱え、夢や希望をあきらめて生きています。
でも、もし夢をかなえるチャンスがあり、ずっと応援してくれる人がいるなら…。子ども達は、きっと勇気を持って夢にチャレンジできます。苦しさ、悲しみを知っている彼らだからこそ、乗り越えたときにはもっと強く、もっとやさしくなります。
一日も早く、全国の児童養護施設の子ども達、退所者たちに、温かい支援が届き、笑顔の輪が広がっていくことを願っています。

林 恵子
カナエール実行委員会 委員長
NPO法人ブリッジフォースマイル 代表

企業のみなさまへ

カナエールは、企業様に向けたメニューを多数ご用意しております。
CSR活動の一貫として、社員様に関わっていただけるプログラムもございます。
ご質問等はお気軽にお問い合わせください。

カナエール事務局  info@canayell.com 渉外担当者宛